前へ
次へ

父親も子どもの教育に関心を持とう

「良妻賢母」というと古き良き日本女性のイメージがあるかもしれませんが、この言葉が生まれたのは実はそんなに古いことではなく、おそらく大正時代ごろだと考えられています。それまでは「良妻」はあっても「賢母」はありませんでした。なぜなら「女性に学問は必要ない」「女は愚かな方が可愛い」という考え方が一般的だったからです。もちろん学問好きの女性が存在しなかったわけではありませんが、社会的には例外といってよいでしょう。子どもの教育は現在ではもっぱら母親の仕事と見なされていますが、江戸時代の武家社会では父親の大切な役割でした。今の父親は家庭外での仕事が忙しくて、子どもの教育に構っている暇はないという意見もあります。しかし掃除や洗濯などの家事を分担する夫婦が増えている現在、教育だけは母親任せというのもおかしな話です。父親ももっと子どもの教育に関心を持って、積極的に発言する時代が来ているのではないでしょうか。

Page Top