前へ
次へ

子ども達に伝えていくことの難しさ

ぼくは今、幼稚園教諭を行なっています。日々子どもたちと戯れているわけですが、毎日ヘトヘトです。もちろん、いろんな子がいるので、喧嘩や口論も多くあります。その中でもやはり、伝えることの難しさを実感しています。何か一つ伝えようとするとき、どんな風に伝えたら上手く伝わるのか、わかりやすいのか、と考えながらこどもたちに伝えています。伝え方一つでこどもの解釈は180度変わります。いかにわかりやすくかつ、端的に伝えるか。それだけです。子どもの前では先生なので、沈黙の時はありません。何かしら子どもに伝えていることが多いような気がします。もちろん、静かな時もあります。それはぼくが言葉に詰まってしまったときです。あれ、どう伝えようかと悩んでしまいます。普段からその日の活動をシミュレーションしてはいるのですが子どもの前に立つと忘れてしまうこともあります。子どもの前では大人も丸裸にされてしまうことを思い知りました。

Page Top